急に現金が必要になった時の借り入れ

MENU

急に現金が必要になった時の借り入れ

クレジットカードや電子マネーが普及しているとはいえ、今でも「現金」が必要になるときはありますよね。

 

しかし財布に入っているお金ではどうにも足りない!そんなイレギュラーな出費を補う為に、カードローンで現金を借りる人も多いです。

 

例えば、何か欲しいものを買おうと思った時に、手持ちのお金が足りない!あなたも経験した事があるのではないでしょうか?

 

近くに銀行ATMがあれば何とかなりますが、時間外で閉まっていたら?しかし、こういった場合は現金がなくてもクレジットカードがあれば商品を購入することができますし、頭金をお店に預けて商品を取り置きしておいてもらうことだってできます。

 

ですが、どうしても現金でないといけないケースもありますよね。

 

商品やサービスを購入する際はあまりないでしょうが、接待交際費などでは現金が必要になることもあります。例えば、冠婚葬祭などはその典型的な代表例です。ご祝儀などは現金で包まなくてはいけませんね。遠い未来にはカード払いや電子マネーでご祝儀を払える時代が来るのかもしれませんが…。また、食事会やコンパなどの会費なども現金での徴収になりますよね。

 

このように、現金が必要になるケースは人付き合い的なものが多いです。

 

気の知れた友達であれば話は別ですが、オフィシャルな場で払うべき現金を持っていないというのは大人としてマナー違反となってしまいます。

 

ものを購入する場合であれば、購入するのを少し調整などすれば回避できますが、接待交際費的なものだとどうしても自分の自己都合ではなんともできません。かといって、おろそかにすることもできません。

 

このように、急に現金が必要になった場合、お給料が出るまでの間カードローンを利用して、穴埋めをする形で利用している人が多いです。

関連ページ

生活費が不足してしまったから
ただ暮らしているだけでも毎月相当なコストが掛かっています。しかし、それだけでなく電化製品の故障や各種税金の支払いなど、たまに必要になる出費の為に生活費が不足してしまいカードローンに頼る人も大勢居ます。
レジャー・旅行などの特別な出費のため
毎日一生懸命働いてストレスも疲れも溜まる。だからこそ、休みにはリフレッシュも兼ねて旅行に行くのは休日のおすすめの過ごし方。しかし、貯金下手な人には旅行代金が足りない…という人も。ここでは裏技的な旅行代金の積み立て方法をご紹介します。
自己投資の為の借り入れ
投資・浪費・消費のうち、最も有意義なお金の使い方が「投資」ですよね。中でも自己投資は、お金が掛かるのがネックですが、生活を豊かにする大切なものです。そうした所に必要なお金をカードローンで一時的に賄う人も多いんです。
教育費の為の借り入れ
子どもを1人育てるのに2000〜3000万円も掛かると試算される日本の教育事情。幼稚園、小学校、中学校と年齢が上がるにつれて必要となる教育費も高くなっていきますが、子どもの為のお金を削る親御さんはいないもの。そうした補填の為にカードローンを利用する家庭も多いんです。
事故や入院など急な医療費の為の借り入れ
災難はいつ誰に降りかかってくるのか予想もできません。不慮の事故や入院など、突然やって来る医療費の支払いの為に、カードローンを利用している人も多いんです。