自己投資の為の借り入れ

MENU

自己投資の為の借り入れ

お金を使うという行為は、「投資・浪費・消費」のどれかでしかありません。

 

その中で、自分の価値や収入を高めるものは投資しかありません。自己投資にお金をかける事は非常に大切ですが、自己投資にもいろいろなケースがあります。

 

例えば、資格取得や就職の為のスクールなどに通うための学費や、何かを学ぶために必要なツールの購入など、その用途はさまざまです。

 

特に自己投資の中でも金額が高いものとしては「学費」が挙げられます。
この学費の場合は、まとまった大きな金額を支払う必要があります。また、なにかものを買う場合でも、パソコンは高額な部類なので一括で支払うことができない場合もありますね。

 

また、パソコンは利用目的によってそのスペックも変わるので、その人にとって必要なパソコンの金額は大きく変わります。インターネットを見るだけの人であれば5万円のノートパソコンでも十分事足りますが、仕事としてパソコンを使っている人は最低でも20万円ぐらいの高機能パソコンでないと仕事にならないという事もあるので、用途によって大きく金額が変わる部分です。

 

ですが、自己投資のために貯金をしておくことも必要です。

 

よく年収の何割かは自己投資に回すと良いと言われていますが、その投資が必要となる自分のチャンスというのはいつ訪れるかわかりません。チャンスの神様は前髪が無いと例えられるほどです。急に訪れたチャンスでお金が必要になることも珍しくはありません。

 

また、パソコンなどの必要不可欠なツールが、急に壊れてしまうこともありますよね。もし、チャンスが舞い込んできていたり、絶対に必要なものがある時にお金が足りなくて、そこから貯金をしようと思ってもかなりの時間が掛かってしまいますし、貯金をしている間に、チャンスを逃してしまいますよね。

 

そういった際にカードローンで資金を調達するのは賢いお金の借り方だと言えるでしょう。本当ならいつでもチャンスが来ていいように用意しておけるのがよいのでしょうが、未来のことはそこまで予測はつきませんよね。消費や浪費の為にお金を借りるよりも、投資の為のカードローンの借り入れはむしろポジティブな借り入れと言い切れますね。

関連ページ

急に現金が必要になった時の借り入れ
クレジットカードでは対応できないようなケースで現金が必要になることはいまだにありますよね。そうしたイレギュラーな出費の補填としてカードローンで借り入れをする人は多いものです。
生活費が不足してしまったから
ただ暮らしているだけでも毎月相当なコストが掛かっています。しかし、それだけでなく電化製品の故障や各種税金の支払いなど、たまに必要になる出費の為に生活費が不足してしまいカードローンに頼る人も大勢居ます。
レジャー・旅行などの特別な出費のため
毎日一生懸命働いてストレスも疲れも溜まる。だからこそ、休みにはリフレッシュも兼ねて旅行に行くのは休日のおすすめの過ごし方。しかし、貯金下手な人には旅行代金が足りない…という人も。ここでは裏技的な旅行代金の積み立て方法をご紹介します。
教育費の為の借り入れ
子どもを1人育てるのに2000〜3000万円も掛かると試算される日本の教育事情。幼稚園、小学校、中学校と年齢が上がるにつれて必要となる教育費も高くなっていきますが、子どもの為のお金を削る親御さんはいないもの。そうした補填の為にカードローンを利用する家庭も多いんです。
事故や入院など急な医療費の為の借り入れ
災難はいつ誰に降りかかってくるのか予想もできません。不慮の事故や入院など、突然やって来る医療費の支払いの為に、カードローンを利用している人も多いんです。