生活費が不足してしまったから

MENU

生活費が不足してしまったから

急に現金が必要になるケースとして、生活費が不足してしまうというケースもあります。

 

以前はカードローンの使い道で生活費という人は少なく、主に交際費やギャンブルでの借入が大半でした。

 

しかし、消費税アップや給料の引き下げ、為替相場の変動による物価の上昇など、生活コストが上がった事が要因となって、生活費の補填の為に比較的世帯年収が高めの家庭でも、カードローンを利用する人が急増しています。

 

生活費って、いくら計算して使っていたとしても、気がつくと足りなくなってしまっている場合が多いですよね。特に、月末の給料日前などはどこの家計でも苦しいかと思います。

 

そのようなとき、次のお給料が出るまでの間、少しだけ現金を借りたくなることがあるでしょう。そのようなときに、カードローンを利用する人が多いんです。

 

生活費をクレジットカードで支払っている人も多いと思います。確かに急な出費の生活費が出ても、カード払いでまかなう人も多いはず。ですが、クレジットカードは絶対に使わず現金主義の人もいるでしょうし、そもそもクレジットカードを持ってない人もいます。そのような人が、現金がなくなったときに頼れるのはカードローンです。

 

生活費の場合で急にお金が必要になるケースは、例えば家電製品が壊れたときなどはイメージ付きやすいですよね。大型の家電の場合は、やはりそれなりに大金が飛びます。電化製品が安くなってきたとはいえ、モノによっては10万円以上飛んで行く家電も多いですよね。

 

その際に、カードローンで借り入れをして家電を購入し、毎月の生活費として少しずつ返済していったり、ボーナスの際に一括で返済するなどして、カードローンを利用する人も多いようです。

 

徐々に返済をすると手数料はかかりますが、生活に不自由をきたす期間があることを考えれば、手数料くらい支払うのは問題ないと考えている人が多いことが分かります。

 

また、各種税金の支払いにはカードでなくて、現金で支払う人も多いです。銀行口座から引き落としなどの設定にしていると、残高が足りない!と慌てる事もあり、引き落とし口座へカードローンを利用して振込みをしてもらうという使い方をしている人もいます。

 

自動車税、住民・市民税というある時期に必要になる支払いだけでなく、生命保険などの毎月決まって引き落としをされるものもありますよね。そうした生活に掛かるコストを合算すると月々相当の負担となっています。

 

特に税金などはイレギュラーな出費の代表例なので、生活費だけで手一杯という人はカードローンでの借り入れに助けてもらうことも珍しくありません。

関連ページ

急に現金が必要になった時の借り入れ
クレジットカードでは対応できないようなケースで現金が必要になることはいまだにありますよね。そうしたイレギュラーな出費の補填としてカードローンで借り入れをする人は多いものです。
レジャー・旅行などの特別な出費のため
毎日一生懸命働いてストレスも疲れも溜まる。だからこそ、休みにはリフレッシュも兼ねて旅行に行くのは休日のおすすめの過ごし方。しかし、貯金下手な人には旅行代金が足りない…という人も。ここでは裏技的な旅行代金の積み立て方法をご紹介します。
自己投資の為の借り入れ
投資・浪費・消費のうち、最も有意義なお金の使い方が「投資」ですよね。中でも自己投資は、お金が掛かるのがネックですが、生活を豊かにする大切なものです。そうした所に必要なお金をカードローンで一時的に賄う人も多いんです。
教育費の為の借り入れ
子どもを1人育てるのに2000〜3000万円も掛かると試算される日本の教育事情。幼稚園、小学校、中学校と年齢が上がるにつれて必要となる教育費も高くなっていきますが、子どもの為のお金を削る親御さんはいないもの。そうした補填の為にカードローンを利用する家庭も多いんです。
事故や入院など急な医療費の為の借り入れ
災難はいつ誰に降りかかってくるのか予想もできません。不慮の事故や入院など、突然やって来る医療費の支払いの為に、カードローンを利用している人も多いんです。