レジャー・旅行などの特別な出費のため

MENU

レジャーや旅行などの特別な出費の為

毎日ストレスに耐えながら、朝から晩まで一生懸命に働く日本人。たまの休みには気分転換で旅行ぐらい行きたいですよね。

 

日常の喧騒を忘れ、しっぽりと温泉に。
普段は感じられない自然を感じに南の島へ。
ストレス解消の為に、パーッとテーマパークへ。

 

という人、多いですよね?

 

旅行に行くと、交通費・宿泊費・現地で使うお金など、ある程度まとまったお金が必要になります。

 

特に3人4人の家族持ちとなれば、1回の国内旅行に行くだけでも10万円単位の出費となりますよね。

 

あらかじめ前もって計画されている旅行であったり、コツコツと貯金ができている人であれば、銀行口座に入っているお金の中から旅行をすることが可能でしょう。

 

ところが、あまり貯金をするのは得意ではない人も多いはず。あればあるだけ使ってしまうという人も多いはずです。

 

また、急にどうしても断り辛い旅行の予定が入ってしまった場合は、カードローンで借り入れをするという方法もあります。

 

どうしても貯金が苦手な人であれば、低金利カードローンで借りてしまい、それを月々きちんと返済していけば、先に旅行に行って貯金を後でしたようなことになり、結果として貯金してから旅行に行ったのと同じ条件になりますよね。

 

確かにカードローンを利用すれば手数料(利息)が取られるので、同じ旅行でも高く付いてしまいます。ですが、その手数料も考慮した上で、安い時期に日程を組んだりすればあまり差がなかったりもします。

 

自分の力で貯金をするのが苦手な人には少し荒技ですが、旅行に行く前にカードローンで現金を借りてしまい、強制的に返済金額が引き落とされる状況を作るという「擬似的な積み立て方法」もあります。(※あくまで自己責任で…)

 

カードローンを使えば簡単にお金が借りられてしまいますが、きちんと返済計画を立てて、無理のない金額を借りることが必要です。

 

旅行先で贅沢をしようと思えばいくらお金があっても足りません。背伸びをしないで、いつも旅行に行く時に必要な金額だけをなるべく低金利のカードローンから借り、手数料を計算して返済シュミレーションした上で、計画的な旅行をプランニングするようにしましょう。

関連ページ

急に現金が必要になった時の借り入れ
クレジットカードでは対応できないようなケースで現金が必要になることはいまだにありますよね。そうしたイレギュラーな出費の補填としてカードローンで借り入れをする人は多いものです。
生活費が不足してしまったから
ただ暮らしているだけでも毎月相当なコストが掛かっています。しかし、それだけでなく電化製品の故障や各種税金の支払いなど、たまに必要になる出費の為に生活費が不足してしまいカードローンに頼る人も大勢居ます。
自己投資の為の借り入れ
投資・浪費・消費のうち、最も有意義なお金の使い方が「投資」ですよね。中でも自己投資は、お金が掛かるのがネックですが、生活を豊かにする大切なものです。そうした所に必要なお金をカードローンで一時的に賄う人も多いんです。
教育費の為の借り入れ
子どもを1人育てるのに2000〜3000万円も掛かると試算される日本の教育事情。幼稚園、小学校、中学校と年齢が上がるにつれて必要となる教育費も高くなっていきますが、子どもの為のお金を削る親御さんはいないもの。そうした補填の為にカードローンを利用する家庭も多いんです。
事故や入院など急な医療費の為の借り入れ
災難はいつ誰に降りかかってくるのか予想もできません。不慮の事故や入院など、突然やって来る医療費の支払いの為に、カードローンを利用している人も多いんです。